◆現場の実践報告会をしませんか!



思わず涙したケア。思わず怒鳴ってしまったケア。今も悩み続けているケア。一人ひとりが思い思いで今日も現場で奮闘されていると思います。

 そして、重要な事項は当然、ケアチーム内で協議し対策に当たっています。でも、実は現場の実践で「もっと、この実践を多くの人に聞いてほしい!」と思ったことはありませんか。「もっと、多くの人と思いや考えを共有したい。分かってほしい」と思ったことはありませんか。

本間はそんな現場の実践や考えは、行儀よくキャビネットの書類の中にしまっておくべきでなく、現場実践者同士で共有を図っていくべきだと考えています。

そこで、関東地方でまずは一人あたり10~20分くらい(希望あればもっと)の枠で5~6人の小規模の実践報告会からケア現場のアウトプット(表現)の場を作っていけたらなと思っています。

ケア従事者によるケア従事者のための実践事例報告会が開催できたらなあと考えています。

こんな事例があったけど発表したい!という方は下記まで、表題を「事例発表」として概要をお書きの上メールしてください。

(ケアワーク、ケアマネジメントの区別は問いません。施設介護、在宅介護の区別も問いません)