福島(南相馬)の方からお手紙をいただきました



福島(南相馬)のケアマネさんからお手紙をいただきました。


ほぼ、そのまま掲載させていただきます。ご本人にはげましのコメントなどいただけましたら、本間より転送させていただきます。コメントでもメールででもいただければと思います。



拝啓
 うっとうしい梅雨の季節いかがお過ごしでしょうか。お伺い申し上げます。
 突然、またお手紙を出させて頂きました。
 今の気持ちがどこまで伝わるかわかりませんが書いてみました。
 今年ケアマネ更新研修に参加しての事です。
5年前と全く同じなのです。講習内容やテキスト、事例、などすべてです。
ちがったのは参加しているメンバーと認定調査だけでした。
他はすべて同じなので5年前の資料を取ってあったのでJRが動いていない中わざわざ行くまででもないと思いました。

5年後また同じ思いをするのかと言いながら参加者と別れてきました。
去年震災があり書類に気づくのが遅かった為、申し込みが終わった12月に無理にお願いをして・・・の参加でしたのでとても残念でした。
これが今のフクシマなのでしょうか?他の県もフクシマと同じなのでしょうか?
同封しました写真は今の南相馬の現状です。
福井原発の再稼働問題に考えて戴ければと思い、今の私にとっては頑張って、涙を流しながら撮ってきました。
もうひとつ同封しましたポスターは今月28日(土)~30(月)に開催される地元のお祭りのポスターです。
家族が出るので特別な思いがあります。
折ってしまって大変申し訳ありませんが貼って頂けるとありがたく思います。
今やっと私も頑張って生きて行こうと考えられるようになってきました
「亀」は仮設のおばあちゃんに教えて頂き私が作ったものです
あまり上手とは言えまませんが今までのお詫びを込め心をこめて作りました
奥様の分も入れておきましたので携帯などに付けて戴ければ嬉しく思います。
向暑のみぎり本間様のご自愛をお祈り申し上げます。                      
     かしこ
平成24年7月16日(月)
       ●●●●














































1 件のコメント:

内田忠夫 さんのコメント...

まだまだ続いています。

どんなコメントも軽率な気がしてしまいますが、

心は東北を向いているつもりです。

忘れません。伝え続けます。