予防通所介護・生活機能向上グループ活動加算

生活機能向上グループ活動加算 (100単位/月)
【概要】

利用者の生活機能の向上を目的として、自立した日常生活を営むための共通の課題を有する複数の利用者からなるグループに対して実施される日常生活上の支援のための活動(生活機能向上グループ活動サービス)を行った場合に算定

※集団的に行われるレクリエーションや創作活動等の機能訓練を実施した場合には算定できない

※同月中に利用者に対し、運動器機能向上加算、栄養改善加算、口腔機能向上加算又は選択的サービス複数実施加算のいずれかを算定している場合は算定しない

一のグループの人数は6人以下
次に掲げるいずれの基準にも適合しているものとして都道府県知事に届け出ること

イ 生活相談員、看護職員、介護職員、機能訓練指導員その他 予防通所介護従業者が共同して、利用者ごとに生活機能の向上の目標を設定した介護予防通所介護計画を作成している

ロ 予防通所介護計画の作成及び実施において利用者の生活機能の向上に資するよう複数の種類の生活機能向上グループ活動サービスの項目を準備し、その項目の選択に当たっては、利用者の生活意欲が増進されるよう利用者を援助し、利用者の心身の状況に応じた生活機能向上グループ活動サービスが適切に提供

ハ 利用者に対し、生活機能向上グループ活動サービスを1週につき1回以上行っている
この加算を算定する場合は、次の1から3までを満たすことが必要である。
1生活機能向上グループ活動の準備
利用者自らが日常生活上の課題に応じて活動を選択できるよう、次に掲げる活動項目を参考に、日常生活に直結した活動項目を複数準備し、時間割を組む
(活動項目の例)家事関連活動
:洗濯機・アイロン・ミシン等の操作、衣服の手入れ(ボタンつけ等)等
:献立作り、買い出し、調理家電(電子レンジ、クッキングヒーター、電気ポット等)・調理器具(包丁、キッチン鋏、皮むき器等)の操作、調理(炊飯、総菜、行事食等)、パン作り等
:日曜大工、掃除道具(掃除機、モップ等)の操作、ガーデニング等
通信・記録関連活動
機器操作(携帯電話操作、パソコン操作等)、記録作成(家計簿、日記、健康ノート等)
2利用者ごとの日常生活上の課題の把握達成目標の設定
介護職員、生活相談員、看護職員、機能訓練指導員その他の職種の者(以下この項において「介護職員等」という。)が生活機能向上グループ活動サービスを行うに当たっては、次のアからエまでに掲げる手順により行う

※アからエまでの手順により得られた結果は、介護予防通所介護計画に記録すること。
 当該利用者の以下について把握する
(一)要支援状態に至った理由と経緯、
(二)要支援状態となる直前の日常生活の自立の程度と家庭内での役割の内容、
(三)要支援状態となった後に自立してできなくったこと若しくは支障を感じるようになったこと、
(四)現在の居宅における家事遂行の状況と家庭内での役割の内容、
(五)近隣との交流の状況
 等

・把握に当たっては、当該利用者から聞き取るほか、家族や介護予防支援事業者等から必要な情報を得るよう努めること
 アについて把握した上で、具体的な日常生活上の課題及び到達目標を当該利用者と共に設定する。

さらに段階的に目標を達成するために概ね一月程度で達成可能な目標(以下「短期目標」という。)を設定する。到達目標は、概ね三月程度で達成可能な目標とする。

到達目標及び短期目標は、当該利用者の介護予防サービス計画と整合性のとれた内容とする。
 介護職員等は、当該利用者の同意を得た上で、到達目標を達成するために適切な活動項目を選定する。(当該利用者の活動項目の選定に当たっては、生活意欲を引き出すなど、当該利用者が主体的に参加できるよう支援する)
 生活機能向上グループ活動は以下の内容とする。

(一)  実施時間は、利用者の状態や活動の内容を踏まえた適切な時間とする
(二)  実施頻度は1週につき一回以上行う
(三)  実施期間は概ね三月以内とする
※介護職員等は、(一)から(三)までについて、当該利用者に説明し、同意を得ること。

3生活機能向上グループ活動の実施方法
◆計画作成と留意点
ア 介護職員等は、予め生活機能向上グループ活動に係る計画を作成し、当該活動項目の具体的な内容、進め方及び実施上の留意点等を明らかにしておく。
◆一つのグループに一人以上の介護職員等
イ 生活機能向上グループ活動は、一のグループごとに、当該生活機能向上グループ活動の実施時間を通じて一人以上の介護職員等を配置し、同じグループに属する利用者が相互に協力しながら、それぞれが有する能力を発揮できるよう適切な支援を行うこと。
◆実施日ごとに記録
ウ 介護職員等は、当該サービスを実施した日ごとに、実施時間、実施内容、参加した利用者の人数及び氏名等を記録すること。
◆モニタリングと修正
エ 利用者の短期目標に応じて、概ね一月ごとに、利用者の当該短期目標の達成度と生活機能向上グループ活動における当該利用者の客観的な状況についてモニタリングを行うともに、必要に応じて、生活機能向上グループ活動に係る計画の修正を行うこと。
◆終了後確認と報告、検討
オ 実施期間終了後、到達目標の達成状況及び②のアの㈢から㈤までの状況等について確認すること。その結果、当該到達目標を達成している場合には、当該利用者に対する当該生活機能向上グループ活動を終了し、当該利用者を担当する介護予防支援事業者に報告すること。また、当該到達目標を達成していない場合には、達成できなかった理由を明らかにするとともに、当該サービスの継続の必要性について当該利用者及び介護予防支援事業者と検討すること。その上で、当該サービスを継続する場合は、適切に実施方法及び実施内容等を見直すこと。
◆引き続き4月目からも算定
利用者に対し、選択的サービスを3月間実施し、利用者が、選択的サービス終了後も日常生活上の課題を有しており、生活機能グループ活動サービスの利用が適当と認められる場合は引き続き4月目からも算定できる。

利用者に対し、生活機能向上グループ活動サービスを1週につき1回以上行うこととあるが、利用者が通所を休む等により、実施しない週が発生した月は、特別な場合を除いて算定できない。

※特別な場合とは
① 利用者が体調不良により通所を休んだ場合又は通所はしたが生活機能向上グループ活動サービスを利用しなかった場合

② 自然災害や感染症発生等で事業所が一時的に休業した場合であって、1月のうち3週実施した場合である。
複数活動項目の準備は一週間を通じて
複数の種類の生活機能向上グループ活動サービスの項目を準備するに当たって、1日につき複数種類を準備するのではなく、1週間を通じて、複数の種類の活動項目を準備することが必要である。
一体的に当該サービスを提供し、加算を算定できない
通所介護における個別機能訓練加算Ⅰ又はⅡと生活機能向上グループ活動加算のそれぞれの算定要件を満たし、同じ内容の活動項目を実施する場合は、要支援者と要介護者に対し一体的に当該サービスを提し、加算を算定できない。

要支援者と要介護者では、状態像も課題も異なることから、共通の課題に即したグループの構成が困難なこと、介護職員等が要介護者に対応しながら要支援者にも適切に対応することが困難なことから、当該加算を算定するには、従業者及び利用者を区分する必要がある。
具体的な様式は定めていない
生活機能向上グループ活動の実施にあたって、予め生活機能向上グループ活動に係る計画を作成することとされているが、具体的な様式は定めていない。